「残り物昼ごはん」

炊飯器に残っているご飯をふりかけかけておにぎりにしました。後は夫と子供に朝作ったお弁当の残り物です。卵焼きが一切れ、ミートボールが二つ、スパゲティがほんの少し(冷食の残りですのでほんの二口程度)。もちろん、少なすぎて足りませんので、後は買い置きのお菓子(チートス)にインスタントのコーヒー、食後のデザートにパピコを。ほとんど残り物を処分していってる感じですが洗い物も少ないし、捨てることがないので経済的にも良いと思ってます。チートスとパピコは家族の誰にも知られないように袋はゴミ箱の奥にこっそりと隠すように捨てました。以上が昼ごはんです。

手の込んだ物を作って食べたいところですが

今日は夫が飲み会でいないために簡単にすませます。スーパーの惣菜か、外食かお弁当の三択になりますが、子供たちがお弁当大好きなのでお弁当にします。ちなみに私もお弁当大好き。後片付けはしなくていいのが最大の魅力。後はメニューですがたくさんおかずが入っててなおかつ安価なのり弁当にしようと思います。値段の割にボリュームたっぷり、味も良し。野菜も魚も摂れます。
デザートには私と子供だけなのでいつもよりちょっとリッチなアイス(ハーゲンダッツ)を買って食べようと思ってます。

じゅわっとジューシーにとり天定食

昨日の昼はとり天定食を食べました。
とり天とはとり胸肉を天ぷらにしてある
唐揚げより、ふわふわして あっさりした味でした。回りの衣はふわふわして中のお肉はジューシーです。柑橘系のポン酢醤油をつけて頂くと
天ぷらの油っこさが中和され暑い夏でもさっぱり食べられます。
付け合わせは千切りキャベツで和風ドレッシングがかかっています。
とり天の合間にみずみずしい千切りキャベツを食べると、口の中がリフレッシュされモリモリと食べられます。
ごはんと漬け物と味噌汁がセットになっており ご飯の味を引き立てる漬け物がで人参、大根、キュウリを味噌漬けにした吉四六漬けです。
ふわふわのとり天 しゃきしゃきのキャベツ カリカリの漬け物、色んな食感が楽しめる最強の組合わせです。
そしてワカメの味噌汁が全てをひとつにまとめてくました。
とり天、吉四六漬けは大分県の郷土料理です。

野菜ごろごろのスパイシー夏野菜カレー

今日も暑くなりそうなので
スパイシーな夏野菜カレーを食べたいです。
茄子、ピーマン、しし唐、ゴーヤ、とまと、ズッキーニ、玉ねぎ、パプリカなどの野菜を大きく切ってスパイシーなカレールーと煮込む
料理です。にんにくを効かせて 汗をかきながら食べると夏バテも予防できそうです。
カレーはターメリックで黄色く
炊いたごはんをの上にたっぷりかけて カレーライスにして食べます。
付け合わせのサラダは ポテトサラダとしゃきしゃきレタス、茹でたブロッコリーに甘口のクリーミードレッシングをかけて、口の中が辛くなりすぎたときに食べます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ