あくまでもこれは私の夢のお話です

5億円。
そんな大金見たことがない。価値もよく分からない。
まず、周囲に話すかどうか。聞く話によると、色々な人が私の前に現れるらしい。
搾取しようとする輩がどこからやって来るか分からない。だから誰にも言いたくない。
でも「サマージャンボが当たったぜ」って絶対言いたくなる。言いたくても言えない。
この矛盾に葛藤するだろう。
だから仕事を辞めたりは出来ない。仕事は適当に続けよう。
表立って何か買い物をすれば、必ず気づかれる。
さてどうしたものか。競馬好きなので、馬を買ってみたいが、そんな派手なことは出来ないだろう。
社台系の一口馬主ならこっそりやれるだろう。高額出資も可能なのでいい馬に出資できる。
だが、GⅠ馬のオーナーになれても口取りには参加出来ないだろう。翌日のスポーツ新聞に
小さくだが顔が出てしまう。
後はこっそり家のローンと車のローンを完済するぐらいだろう。
5億円当選しても、結局はひっそり暮らすことになる。私は極めて警戒心が強い男だ。

5億円を何億円に増やすと言うのか。

全額を不動産投資につぎ込むと言われ、いいよとは絶対に言わない。
今の時代、不動産投資は妥当な資産運用だと言われている。確かに東京オリンピック開催決定で
不動産バブルはもう到来しているだろう。手元に現金で置いておくよりいいかもしれない。
だが、何故投資するのか。5億円当選した時点で運は使い切っている。5億円を手に入れたのだ。
それを増やす必要はあるのだろうか。5億円あってそれを何億円にしようと言うのか。
私には業が深すぎる行為に思える。必ず何かがある。運はもうない。失敗に終わる可能性は高い。
オリンピックは4年後の夏、たった1ヶ月の話だ。バブルはいつか弾ける。私は中学生の時、
それを思い知った。就職氷河期を乗り越え、今の生活を手にし、なおかつ5億円を手に入れたのだ。
妻に私は言いたい。全力で反対ですと。

半分は自分のために、もう半分は寄付したい。

まずは自分のために使います。ベタですが、一生暮らせそうなマンションか一戸建てを買います。都内でなくてもよくて、田舎すぎず都会過ぎない、住みやすい街に移住したい。猫と一緒に住める仕様の家が良い。
車は軽自動車で良いので一台ほしい。
後は投資信託で積み立てて、老後の生活資金にしたい。
残りの半分は、社会的弱者のために、有意義にお金を使ってくれる団体か個人に寄付したい。
二億五千万円で出来るのかは分かりませんが、中々生きる希望を見出せない若者のため、貧困層の子供のため等。地域猫の活動を、してくれている人にも寄付したい。

全額?一方的に決めないで、ちゃんと話し合いを。

パートナーがいないので妄想ですが、あくまでも私が当選したものであれば、勝手に決めることは断じて許しません(笑)
ですがパートナーがいれば、独り占めはしないで、いくらかは分け前を与えたいとは思います。
その分については、相手の自由に使ってもいいことにはしますが、個人的には不動産投資は結構ギャンブル性があるのではないかと思うので、その辺りをきちんと調べて、有効なお金の使い方かどうか充分に検討します。借り手が付かない場合、地価の変動、固定資産税の支払い等。
本音を言えば、不動産投資には反対です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ