やっぱり憧れの別荘購入でしょ!!

まずは現実を片付けないといけないのでローンの支払いをして、夫婦でずっと言っていた別荘購入!一番の憧れの地伊豆のマンションを購入し、全てが落ち着いたら伊豆に移り住みたいです。それ以外は、キャンピングカーを購入して日本一周をしてみたいです。犬を飼っているので簡単にホテルなどに泊まれないので、キャンピングカーで犬と一緒にのんびりと旅をしたいです。気に入った所は2?3日泊まったり、夜に移動して昼まで寝て過ごしたり、気ままな生活をしてみたいです。お金は節約しながら使えば一生旅ができるかな?と淡い期待をしています。

まずは計画書を提出してもらいましよう!

全額投資をするくらいなら勝算があるだろうから、その計画書を年数毎に出してもらいます。そしてこの計画書をプロの専門家か税理士に相談して、トントンでもいいから生活ができるか判断してもらい、マイナスがでるようならそれは無かった事にします。拒否をしてもここまでガッチリ計画を固めてもダメなんだと分からせる証拠があるので話し合いをしてそれでもダメなら離婚します。慰謝料として毎月貰っていた給料分を今までと変わらず定年まで貰います。そうすれば相手は五億円は自由に出来るし、私にはリスクは無いし、お互いプラスになると思うと説得します。これで上手く行くといいなぁ。

欲しいものはいくらでもあるけど

まず、毎年、生涯の海外旅行用に1億確保。
そして買い物ですが、まず自分用にワンルームマンション、老後のサポート付きの権利も確保しておきたい。
これは自分の預金を切り崩したと言っておく。
それから子供たちが独立するときの部屋2つ、資金を確保。実際に買うのは本人の気持ち次第。
次に今の住まいのリフォームを若干。なぜ若干かというと、当選したことは誰にも言わないから。
あとは、投資や趣味につぎ込み、贅沢三昧、楽しんで暮らす。
健康管理のためにかなり高級クリニックで定期健診を予約しようかなあ。

絶対ばれないから。

家庭内別居と言っても過言ではない。そのくらい冷えた夫婦なので、絶対当たったことは言わない。
子供達にはちょっとにおわせちゃうかもしれないが、夫と姑には内緒を通す。
それを前提に当選金の使い道を決め、危なくなったら(ばれそうになったら)軌道修正する。
使えず預金のまま年取るのは嫌だが、まあ女性のほうが長生きなわけだし、たぶんうまくいくだろう。
お金の心配のない老後生活。決して寂しくなんかないぞ。
え、無理しているように見えるでしょうか。いやいや。
でも、不動産投資、私自身がやりたい気持ちもある。悩むなあ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ