ローン等の借金を全て返済して、残りのお金で家を立てる

奨学金等の借金を返済して、すっかりゼロの状態で、いろいろやりたいことを全力でしたいです。
やりたいことのひとつでもあり、もっともお金がかかり、人生の大半を過ごすであろう、家が欲しいです。建て売りじゃなくて、趣味も家族も仕事も大切にできる空間をちゃんと考えた理想の家が欲しいです。
料理が楽しめる充分な広さのあるキッチン、雨の日でも洗濯ができるサンルーフ、ちゃんと空気の流れを考えた設計で、それぞれの部屋はあれど、誰も一人ぼっちにならない空間づくりができた理想の家が欲しいです

全額はやり過ぎじゃないかい?

確かに投資は面白そうだし、うまくいけば、将来安心して暮らせる財産が得られると思います。
しかし、そういうことをする前に、自分の身の回りをしっかりするとか、不動産投資について勉強して知識をつけるとか、しっかりと土台を固めてから、余裕があるようだったら、投資してもよいのではないでしょうか?
突然、全額投資するなんて言われたら、よく分からないけど、全部馬券に買ってきたっていう、お金を捨ててる様な行為と変わらないので、なに考えてるんだろうと、ドキドキしてしまいます。
何をするにも、まず、しっかり下調べしてからだと思います

5憶円があたったらまずする事は目の前に五億を積む!

銀行で現金を目の前に積んでもらってから預金したいですね。
まず一番に買いたいものは、一生住むのには困らないように土地や一軒家かマンションなどの購入です。
100万くらいはパーっと一日でホストクラブかオカマバーで使いたいかな。
5憶あれば一生困らないとは思うけど、念のためにマンションか雑居ビルとか一棟買いしてその後の人生も安定した家賃収入が得られるように考えます。
どこかの会社の株主になるとかも良いかもしれないです。
家などの購入が済んで残ったお金は車やバイクに注ぎ込んで、まだ残っていれば自分で飲み屋を経営したい。

全額は待って!でも反対ではない!

私も真っ先に思う事が、家賃収入の得られるものを購入する事なのでパートナーが全額投資するって言いだしても完全には反対しません。
安定した物を得るのは大事だと思うけど、増やす事には興味がないのでもしもパートナーが増やす目的で全額投資を望むのならそれが原因で破局してしまうかもしれません。
大金を手にすると人は性格が変わってしまうものだと思います。それでも歩む方向が一緒のパートナーだったら最高に幸せですよね。
出来れば話し合って、贅沢しすぎない生活を送っていけるような使い方が理想です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ