通勤電車でも

特に混雑率200%のような電車に乗った時の体が押されに押されて身動きが取れなくなったり、駅に停車したときの乗り降りで人の流れに流されてしまう状況が通勤電車の中でも一番つらいです。人に押されて体が痛くなることもしばしばありますし、逆に人にぶつかったり壁に押し付けたりも気を使います。私は喘息を持っているのですが、この状況で発作になってしまった場合、思うように薬が取り出せないのでかなり危険な思いをしたこともあります。

通勤に電車が必要ない会社は魅力的か

私は自動車免許を持っていないため、私にとって通勤に電車が必要ない職場となると徒歩、バス、自転車での通勤が可能な職場と言うことになります。電車なら合計1時間30分近く乗るような通勤も過去に経験していますが、バスや自転車での通勤でそこまでの時間を要するとは考えにくいので、現実に電車通勤がない近さの職場と言うのは大変魅力的です。(電車でないといっても、バスを複数乗り換え、1時間以上バスに乗っていくような職場はあまり魅力的ではないです) 自分のできる仕事(PC関係や事務)で徒歩圏内やバス1本の圏内にある会社ならぜひ転職したいとは思いますが、過去にハローワークに通っていた期間、応募した企業の9割が電車で1時間以上かかる場所に所在していたことを考えると夢のような話です。

この季節は特に車内が暑い!

毎朝の通勤電車は辛くて何とかならないものかと思います。いくつか問題点はあります。
1、車内がとにかく暑い。
今の時期(夏)はより一層暑くなり、蒸し風呂状態になります。汗はダラダラだし、タオルで拭こうにも身動きがとれないためタオルを取り出せない。取り出せたとしても拭けないほど身動きがとれないのです。匂いもキツイし、気分が悪くなります。
2、急ブレーキがかかったらドミノ倒しのようになる。
満員状態なのでつり革や手すりにすらつかまれない。仕方がないので自力で踏ん張って立っているのですが、ブレーキがかかるたびに前のめり等、体勢が崩れ、自分だけではなくみんなも崩れるのでドミノ倒し状態になり、大変危険。

出来れば通勤に電車は使いたくない・・・

通勤手段が電車じゃない職場は大変に魅力を感じます。
あの生き地獄のような車内を経験しなくていいのだから、私にとってみたら天国のようです。朝一日のスタートを大勢のストレスを抱えた人たちとスペースを共有するのは苦行です。もし新しい会社に転職するのならば、家から近いまたは、歩いて行ける距離にあるといいなと思います。よく職場が近いと嫌だと言われる人もいますが、私は近いほうが何かと便利だし、遅刻などの心配もしなくていいので凄く魅力を感じます。それか通勤のさいかかる値段を会社側がねぎらって少し大目に出してくれたら、毎朝感じる憂鬱な気持ちも幾分か和らぐのに、と思う今日この頃です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ