電車通勤での魅力は時間です。

なにより正確なダイヤを基準に自宅を出る時間、職場への到着時間が計算しやすい、これに尽きます。辛いことは2点あります。
勤務地にもよりますが、車なら10分程で到着する場所でも、電車では遠回りしなければいけないことがあり、通勤時間も余計にかかってしまうケースがあります。
2点目は通勤ラッシュの満員電車です。これに関しては皆そうだと思います。座れないのは構いませんがそれに加え無理やり人が押し込まれてギュウギュウの空間に長時間いてることは耐えられません。

通勤に電車が必要ないとすれば大きく二通りに分かれると思います。

徒歩圏内に会社がある。もしくは駐車場が完備しており車での通勤が可能であるということです。
まず、徒歩圏内に会社がある場合についてですが、申し分ないと思います。ただ、会社が近すぎると、気持ちのオンとオフの切替がしにくいなど、人によってマチマチかもしれません。
続いて車通勤オッケーの場合だと、万が一通勤中の事故など起きた場合労災などの対象で対応いただける会社であればとても快適かもしれませんね。
ただ、車での出勤は気持ち的には電車と違い自分で時間を調整できると思いがちですが渋滞などを考えると、電車通勤よりも早めに自宅を出なければいけない場合もあります。

体調が崩れたときが一番辛いです。

体調が悪いとき、貧血、下痢などで冷や汗が出て、目の前が暗くなるような時が、一番辛く感じます。ある程度経験をすると、今日は駄目かもしれないというような、予感があるのですが、仕事が休めないような状況では、わかっていても電車に乗らないといけない状況になって、やっぱり気分が悪くなると、仕事を替えて、通勤が楽になるような職場を選びたくなります。途中下車してトイレに行っても、遅刻しないか気が気でなく、気分がよくならず、結局トイレに長時間いなければいけないときには、精神的にもおかしくなりそうです。

徒歩通勤には非常に魅力を感じます。

電車通勤を回避できる職場には非常に魅力を感じます。自転車通勤でも良いのですが、体力的に自信がなく、また、雨天のときに、電車などを使わなければいけないので、あまり魅力を感じません。マイカー通勤は、私の場合、自動車を買わないといけないため、現実的ではありません。給料は多少安くても構いませんが、安定している職場でないと、なかなか転職には踏み切れません。勤務時間は通勤に時間がかからなくなる分、多少長くなっても構いません。何よりもまず、安定して長く働ける環境が徒歩圏内にあれば、いつでも転職したいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ